ガソリン価格の高騰に困惑する地方の住民たち

公共交通が整備されている政令指定都市などに比べ、地方での公共交通は、赤字経営の打開のため、県庁所在地以外はバスなどの運行も少なく、特に離れた田舎方面では、自治体が運営するバスが1時間に1本くらいしか走らない状況です。そんな中ガソリン価格が再び上がり始めています。地方では自動車が無いと生活できません。一家に一台ではなく、家族一人に一台という家庭も多くあります。通勤通学、買い物など何をするにも車が必要です。ガソリン価格の高騰は以前話題にもなった暫定税率というのがあって、他国の相場より高くなっています。都会やその周辺では今や車を所有する人は減る一方です。自家用車は無くても生活ができます。しかし地方では自家用車は必須で、燃費や維持費を考えて軽自動車の購入の割合が多くなっています。その軽自動車も税金を上げられてしまい、更にガソリンまで上がっています。負担は増える一方です。ガソリンは仕方ないにしても、税金だけは地域の利便性を考えた金額にしてほしいと思います。公共交通の行き届いた県と公共交通が中心部しかない県が同じ金額ならおかしいと思います。アリシアクリニック 部位