眠りにつくまえの手持ち無沙汰な時間に何をしようか

勤務から帰宅して一通りの事を終わらすと、日数が出来ます。
自分はこういう時間を持て余す事が多いです。
画像を見ようか文献を読もうか、それとも漫画を読もうか、と何だかんだ範囲があるのに、だ。
乏しいときはそのまま寝てしまう。
それも勿体無いので今日は漫画でも読もうと書房に行きました。
書房と言えば出で立ちはいいのですが、ただ専ら100均で買った単行本保管包みに入れて、積み上げられておるマガジンたちがいらっしゃるポジションだ。
ここから読みたいマガジンを見い出すのですが、これがはじめ勤務だ。
わずらわしいのでベスト前にあった漫画を掴むことにしました。
「鬼灯の冷徹」だ。
こういう漫画で一番好きなのは、草の上にランチュウという金魚が咲く金魚草だ。
甚だシュールな漫画なのですが、何都度笑わせてもらったかわかりません。
デヴィルなども交えた現代の最悪でおりなす、オフィスお笑いというのでしょうか、ヒーローの鬼灯がボスです閻魔大王をボスと思っていない当たりがスカッとする時もあります。
現時点21巻まで発売されています。
さすがに一度に21巻全巻を読み返す気はないので、今晩は広間童子が出てきた巻を読んで熟睡につこうと思います。キレイモ パックプラン