4歳差だけど、一応ライバル関係のようです

私には2人の子供がいますが、上の子は男の子で11歳。下の子は女の子は7歳。4つ差なので小さいころはそれほどお互いをライバル視しているように感じることはなく、喧嘩もそれほど多くはありませんでした。私には1つ上の年子の姉がいて、母親からよく「常にライバル関係で喧嘩ばかりしていた」と言うのです。例えば、家族でボーリングに行くと3つ上の姉に対しては何も言わないのに下の2人はどちらかが良い成績だと「もうやめる!」と言い出し困っていたそうです。
うちの子供たちを見ていると4つも差があればそれほどお互いをライバル視していないなと思っていたのです。ところが、下の子が小学生になりテストを持って帰るようになってから急に上の子が下の子を意識し始めたのです。下の子はまだ1年生でテストも簡単なので100点のことが多いのですが、「5年生の問題はなかなか100点が取れない」と言い出し100点を取って帰ってくるとすごく嬉しそうに褒めて欲しそうに帰ってくるようになりました。4つ差でも妹の存在が刺激になっているようです。

多分Spotifyを使えば私の願いはかなうはず

興味のあるアーティストのディスコグラフィーを片っ端から聞いてみたいという私の願いはSpotifyを使えば多分かなえられると思います。
ただ有名アーティストなのにアルバムが公開されていないのがいるので当たりはずれはありそうですが。
ですから内外の有名アーティスト達はアメリカのド派手なバンド・キッスを見なうべきだと思いました。
キッスはデビューアルバムから最近のやつまでほぼパーフェクトに提供してくれてますから。
そうした彼らのサービス精神には本当に頭が下がりますし成功したバンドにはやはりそうした余裕がなければいといけないと思います。
唯一Spotifyの問題点を上げるとすればモバイル環境時の通信量だと言われていますが定額使い放題サービスを選択すれば解決できると思いますし、ほとんど通信量に関する苦情を聞かないradiko並みの通信量で充分利用可能なような気がするので在宅時にはPC版を利用し外出時だけスマホで聞けば全く問題ないと思います。
私はほとんどPC版だけしか使いませんが、それだけで十分ですから私のアーティスト別アルバム総聞き目標は近い将来達成可能だと思います。

お店を開業する時は空き店舗を利用しても良い

近所で多いのは洋菓子屋さんなので、たまに和菓子の店舗を見つけると和の感じにうれしくなることも多いものです。和のお店をいつか自分で出せれたらな、と感じますが、多くの人が独立の夢を持っていて、美容室やショップなど自分の店舗を持っているみたいと考えているものです。ですが実際動き出してみると、何から手をつけて良いのかさっぱり分からないものです。これが現実でしょう。ですから店舗設計・施工会社に相談してみても良いでしょう。専門の会社であれば飲食店や美容室、アパレルショップ、居酒屋など、様々なタイプの店舗の設計・施工、アフターフォローまでをトータルに行ってくれます。また、近くの商店街に空き店舗が多くあるのであれば、そういった空き店舗も利用してみても良いでしょう。空き店舗であれば維持費もかかるので、独立のために購入したり借りたいとなれば管理している業者も安く提供してくれたり、値引きに応じてくれることもあるものです。